Apple Musicを体験する。~3日目~

自分の音楽の幅を広げたい。という思いと、今まで手をつけていなかった怖いもの見たさで、Apple Musicを始めてみました。

Apple Musicを体験する~初日~

タイトルの通りです。 個人的に、ここ数年、こんな思いを抱いていました。 「全く好きな音楽が増えない・・・」 それは言われて...

色々とメリットは書いたんですが、始めて3日でちょっとした変化が訪れるようになりましたので、ちょっと書いてみます。

スポンサーリンク
レクタングル大

食わず嫌いアーティストとの出会い

Apple Musicはその性質上、たくさんのアーティストの曲を聴くことができます。それによって私は、今まで手を出してこなかったアーティストがこんなにいたのかと改めて確認することになりました。

最近聞いているのは、このアーティスト。

愛してるのに、愛せない
アーティスト名: AAA
カテゴリ: J-Pop
価格: ¥250

AAA(トリプルエー)です。

ほんと、今まで手をだしてこなかった人々です。なんとなくavexが好きじゃないというか・・・(Janne Da Arcは大好きなんですけどね)そういう感じだったんですよね。

あと、今までは「CDを買う」「CDを借りる」だったので、自分で選んで、それにお金を払っていました。でも、聴き放題となれば話は別です。「ちょっと聴いてみようかな」って思うようになりました。結構いいですね。AAA。最近一人抜けちゃいましたけど。

あと同じavexのアーティストといえばこの人。

BLUE BIRD
アーティスト名: 浜崎あゆみ
カテゴリ: J-Pop
価格: ¥250

こちらも最近話題の人ですね。でも、ずっと触れてこなかったです。なんとなく。なんででしょう。やっぱり歌うまいですよね。。素晴らしいです。

そんな感じで、今まであえて触れてこなかったアーティストが数多くいることが判明しました。これはApple Musicのメリットといってもいいと思います。

自分宛てに作られたプレイリストが見つかる

つい今朝方ですが、こんな画面が。

おお。こんな感じで。確かに好きそうな並びが。

こういう感じで「プッシュされる」ように曲と出会えるんですね。実際、一番下の「幻想のマボロシ」って曲はライブラリに入れました。

幻想のマボロシ
アーティスト名: Dr.DOWNER
カテゴリ: ロック
価格: ¥250

なんかいい感じです。

他にもあります。

夏フェス強化月間ですが、こういうのも一つ、勉強になりますよね。フェス前に聴きあさるっていう楽しみも出来そうです。そういう感じで、自分宛てに作られたプレイリストが見つかります。そして、そのプレイリストをライブラリに登録することができます。

※ライブラリに登録ができるだけで、端末にダウンロードできるわけではありません。

こういうプレイリストだったり、あるいは、Radioって機能があるんですが、それで聴いている音楽なんかもおススメされたりするようです。自分が今まで知らない、好きなアーティストに出会えるというわけらしいです。

この辺も出て来たらレポートしてみます。

ソルファ – ASIAN KUNG-FU GENERATION

また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする