アカギの名言から学べる人生で大切なこと。

どうも。フジモリです。(ツイッター垢⇒@epic_fujimori

元々ギャンブル漫画が好きで、幅広く読んでいます。

それぞれの漫画のあらすじや、見所なんかも紹介できると思いますが、単純に面白いのと、人生論みたいなところを教えてくれるので、そんなところも読みどころになってます。

ギャンブル漫画はあまり一般的な支持を受けづらいですが、そのきっかけになったら嬉しいです。

今回は、ギャンブル漫画の中でも、麻雀漫画の金字塔アカギについて紹介していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

アカギとは?

昭和33年、戦後の混とんとした時代を背景に、超人的な洞察・思考を元に、裏社会を駆け上がっていくアカギを主人公に、数々の死闘を繰り広げる漫画です。

初登場時は、麻雀のルールなんか全くわからない状態でしたが、麻雀よりも人間を観察、その人間との戦いであることを見抜きます。つまり、漫画のスタンスとして、専門的なテクニック、戦術紹介ではなく、心理描写に重きが置かれています。

同じように、麻雀のルールがわからない人でも、なんとなく読めるような気はしますが、少しだけでもわかっていれば、もっと楽しめると思います。

麻雀をやったことがある人ならわかると思いますが、試合中はその人の性格が如実に表れるため、漫画の話ではあるものの、妙に納得することもあります。そんな、リアルにも関係しそうな場面を中心に紹介します。

迷いを捨てるための名言

ねじ曲げられねえんだっ………!
自分が死ぬことと………
博打の出た目はよ……!

アカギの持つ人生論は、「人はみんな死ぬ」ということがベースにあります。当たり前ですが、この認識を常に持っている人はどれくらいいるでしょうか?

ギャンブル漫画では、よく人が死にます。死ななくても、血が流れたりします。どうしてそんなことが起こるのか?それは命が一番価値が高い、というメタファーでもあります。

命がなくなってしまえば、その他の価値が全て吹っ飛ぶ。いくらお金を持っていても、いくら地位を築いても、全てパーになってしまいます。だからアカギは常に、「人はみんな死ぬ」と心に刻み込んでいます。

では、一番重要なことはなんでしょうか?

生きながらえることではなく、どう生きるかである。その本質が見えるのが、この名言です。

普通は生きることなんですけどね。アカギはその生き様がかっこよくて、生き残ることにあまり未練を感じてないです。もちろん、お金を稼ぐことにも魅力を感じてません。ただ、自分が生きていること、自分がやりたいと思ったことを、常にまっすぐに捉えているのです。

だから、博打の出た目は変えちゃダメ。自分が命を落としても、それより大事なものがある。唯一のプライドがアカギはギャンブルだった、ということですね。

よく、人は迷います。

いつ結婚しようか、いつ仕事を変えようか、そんなライフイベントごとに、迷います。都度、相談したり考えたりして、結果を残します。その繰り返しです。

そんな迷ったときに、一番大事なことはなんだったんだろうか?と思い返すことも、重要なことなのではないでしょうか。ね?ギャンブル漫画でも教えてくれることはあるんです。かっこいいんです。

人の弱い部分を再認識する名言

あの男は死ぬまで
純粋な怒りなんて持てない…
ゆえに本当の勝負も生涯できない
奴は死ぬまで保留する…

ヤクザの代打ち(その人の代わりに勝負する人。強い人)である浦部との戦いの後、一番最後のシーンです。浦部との戦いでは、浦部の「性格」「癖」を重視した戦いであるため、上記のセリフも、それを表しています。

決め手となったのは、「保留癖」でした。

勝負の岐路に立たされた時、一旦決断を先送りにする癖。その癖が浦部にとって、命取りとなってしまったわけですが、この癖、誰しもが持つ癖だと思います。さっきのライフイベントも、ついつい先送りにしてしまいがちです。

(今はまだ大丈夫・・・)

(誰かがきっとやってくれる・・・)

(いつかきっとうまくいく・・・)

なんて思って、考えることをやめてはいませんか?

保留して、時間を無駄にしていませんか?

私自身もそうですが、みんなも気を付けましょう。保留して良いことはほとんどないのですから。

他にももっとあります。

アクセス数が多かったら、たくさん作っていきます。また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする