カイジの名言から学べる人生で大切なこと。

どうも。フジモリです。(ツイッター垢⇒@epic_fujimori

元々ギャンブル漫画が好きで、幅広く読んでいます。

それぞれの漫画のあらすじや、見所なんかも紹介できると思いますが、単純に面白いのと、人生論みたいなところを教えてくれるので、そんなところも読みどころになってます。

ギャンブル漫画はあまり一般的な支持を受けづらいですが、そのきっかけになったら嬉しいです。

前回は、アカギの名言を紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル大

カイジとは?

旧友の借金の保証人になってしまったカイジが、借金の取り立てのために開催されるギャンブルショーにて奔走し、そこからギャンブルで自分の人生を逆転しようと懸命にあがく話です。

彼は天才でもなんでもなく、ただの一般人。持つものは持たず、特に積み上げてもいないクズです。そんな彼が追い込まれたとき、初めて力を発揮する。その逆転劇が面白い漫画です。どこか自分自身にも、同じような部分がある人ほど、身に染みるかもしれないですね。

よく絵が苦手っていう人もいますが、実写もあるので良かったら見てください。

そんな漫画から、日常でも意識させられる名言を紹介していきます。

やる気を出させてもらえる名言

なら…期待するなっ…! 他人に…!

自分だっ…! 自分…!
自分を救うのは…自分だけ…!

カイジ自身、裏切られ続けてきました。ことの起こりである借金の保証人もそうです。ギャンブル中にも、裏切りが常に起こっています。

我々も、何かにつけて人生において岐路は用意されています。

もしくは、毎日の選択一つ一つが岐路かもしれません。

そんな岐路に立たされたとき、この言葉がよぎります。その選択が重要であればあるほど、自分で決めないといけない。自分で全て責任を取る気持ちでやらないと、誰も助けてくれない。だから、そもそも期待しちゃいけない。

会社を辞めるとき、そんなことを心に誓いました。誰かに何かを紹介するときも、誰かの相談を受けるときも、そんな気持ちです。最後は自分で決めるんだぞ、っていつも言います。

自分自身を奮い立たせる名言

待ってくれ?貴様らは今まで何回、それを言った?世間は貴様らの母親ではない。お前らクズどもの決心を、いつまでも待ったりはせん……!

「ちょっと待って」って言葉。いつも口癖のように出てしまいます。

じゃあいつまで待てばいいの?って。待っててどれくらい良いことがあるの?って。よく考えればそうなんですよね。今やらなきゃダメ。今やれないなら、いつやるのかを決めなきゃダメ。もしくは、やらないって決めなきゃダメ。

何かを決めることが早い人は、仕事が早く出来ます。迷ってる時間が少ないので、その分何かに打ち込めます。考えることが仕事の私でも、時間をかければ良いものが出来るとは思ってないです。一瞬のひらめき、もしくは喋ってるうちに結論が見えてくる時もあります。

つまり、早く決めなければならないのです。命には限りがあるから。

重要なのは、このセリフは悪役が言っているのです。世間的にはその悪役の方が正しく、評価されているのです。そんな奴らに一泡吹かせるっていうのが一番面白いのです。

辛いときに自分を許す名言

明日からがんばるんじゃない…
今日…今日だけがんばるんだっ…!
今日をがんばった者…今日をがんばり始めた者にのみ…
明日が来るんだよ…!

「会社行きたくねー」とか「もう働きたくねー」って、毎日思ってるんですが、この言葉はいつ聞いてもそんな私を許してくれます。

朝行くときも、帰ってきたときも、今日だけ頑張ればいいってすごく支えになる。

積み重ねるときは、いつもゴールを目指してしまう。

ゴールを目指すと、いつも心が折れてしまう。

だけど、1歩だけでいいなら、それは歩ける。そうやって積み重ねるんだっていうことを教えてくれています。

これも悪役のセリフです。そして、偉い人です。そうやって世界は動いてるんですねぇ。偉い人が下っ端を動かす。それには若干の嘘や間違いもあるけど、動いてしまえば問題ない。そんな気がします。

カイジはギャンブルよりの言葉が多いですが、その中でもある程度日常に使えそうなやつを選びました。他の漫画も思いついたらまとめます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする