超有名!誰もが耳にしている特徴的ギターリフ5選

どうも。フジモリ(@epic_fujimori)です。

SEO的に良しとされるタイトルをつけてみました。狙いすぎててなんか気持ち悪い感じがします。でも、アクセス数は欲しい。日に100PVくらい行くようになるんでしょうか。いつか行くといいなぁ。

また、余談ですが、スプラトゥーン用にサブ垢を作りました。@spla_epsf です。こっちでも活動していきますよ。頑張っていきましょう。

ということで、本題に戻ります。

スポンサーリンク
レクタングル大

ギターリフとは?

まず、こちらをお聞きください。

Deep PurpleのSmoke on the waterです。

このイントロ、聴いたことありませんか?ジャッジャッジャーってやつ。

これが一曲に繰り返し繰り返し、使用されていて、曲を特徴づけていますよね。これがギターリフです。

ギターのあるフレーズがリフレイン(繰り返し)することをギターリフといいます。名曲にはやっぱり名フレーズがあるもので、後世に語り継がれていく所以でもあります。この曲、1972年に発表されていますが、約50年にわたって、こうして聴かれ続けているのは、このギターリフの力といってもいいでしょう。

一度は聴いたことある有名なリフ。でも、1点だけ、あえて悪いところをいうと、曲名がわからなくて検索できないということでしょうか。「あの曲聴きたい!ジャッジャッジャーってやつ!えーっと・・・」と。

なので、世界的に有名なギターリフを一挙に5曲、選んでみました。もちろん、Apple Musicで聴けるものです。よろしければ聴いてみてください。

1.ミザルー/ディック・デイル

Misirlou
アーティスト名: ディック・デイル
カテゴリ: ロック
価格: ¥200

映画「TAXI」で使われている印象が強いこの曲。なんか、急かされているような、走らなきゃいけないような、そんなイメージを受けますよね。運動会なんかじゃいいのかも。ちなみに、ボーカルはありません。

1962年にリリースされたこの曲。色あせないですねぇ。。すごい。

2.Born to be wild/ステッペンウルフ

Born to Be Wild
アーティスト名: ステッペンウルフ
カテゴリ: ロック
価格: ¥250

これも一度は聴いたことがあるでしょう。気持ちの良いギターリフから始まるこの曲は、日本のCMでも使われていました。ビールのイメージが強いですが、気のせいかもしれません。

ボーントゥビーワーーイって言ってますし、これはタイトル覚えやすいかもしれないですね。

3.Oh! Pretty Woman/ロイ・オービソン

Oh, Pretty Woman (映画『プリティ・ウーマン』より)
アーティスト名: ロイ・オービソン
カテゴリ: サウンドトラック
価格: ¥200

これもCMで聴いたことがある人も多いと思います。プリティウーマンってめちゃ言ってます。映画の曲なんですねぇ。映画は全く知らないけど、この曲は知ってます。

ちなみに、この曲はApple Musicで改めて知ったのもありますが、その前から聴いたことありまして。

このリミックスの動画を一時期ヘビロテしてました。何がすごいって、全部自分の声なんだそう。びっくり。英語の発音とか気にならないですし、選曲もいい。こちらもあわせておススメです。

4.A Little Less Conversation/エルヴィス・プレスリー

A Little Less Conversation (JXL Radio Edit Remix) [Elvis vs. JXL]
アーティスト名: エルヴィス・プレスリー
カテゴリ: ロック
価格: ¥200

カモンカモン(カモンカモン)ってやつです。炭酸飲料のCMでやってましたかね?

エルヴィス・プレスリーって名前は知ってますが、曲は全く知らなかったです。この曲なんですね。これから結構掘っていくかもしれないです。プレスリー。

なんかアイドル的な人気だったんでしょうかねぇ?これも調べてある程度まとまったら記事にしてみたいと思います。

5.20th Century boy

20TH CENTURY BOY
アーティスト名: T. Rex
カテゴリ: ロック
価格: ¥200

数年前に、日本で映画化されました。20世紀少年。あれのタイトルのサンプリング元というか、インスパイアというか、そんな感じですね。浦沢直樹作の漫画が原作です。

めっちゃ面白くて原作は大人買いした記憶があります。最後の最後、もう少し疾走感があるとより面白かったんですけどね。。でも、また読みたくなる作品。

曲はもうイントロ神がかってません?なんか始まるー!って感じのわくわく感。弾いてて気持ちいいですよねぇ。めっちゃ簡単なんですけどね、これ。難しいソロが名曲に必須じゃないことがわかりますね。

ということで、5曲。挙げてみました。簡単な説明で申し訳ないですが、備忘録的に使ってください。Apple Music、まだまだ使えそうです。

また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする