社会人5年目の投資計画。お金を増やすこと、減らすことまとめ。

どうも。フジモリです。(ツイッター垢⇒@epic_fujimori

最近、株の話を筆頭にお金のことばかり考えています。どうにかこうにかお金を増やして、生活を楽にしていきたい。

お金を貯めるには、もらえるお金を増やすか、払うお金を減らすかのどちらかです。節約する、というのは後者で、ギャンブルする、というのは前者です。増やすのにはリスクがあります。

今回、色々調べている中でわかったこと、そして今後の自分の投資計画を、備忘録的に書いていきます。参考になるかどうかはわかりませんが、同じくらいの収入であれば参考になるかも。

スポンサーリンク
レクタングル大

お金を増やす方法

つみたてNISA

NISA(ニーサ)とか、聞いたことありませんか?

株の初心者の人におすすめーみたいな触れ書きで伝えられることが多いですが、もっと初心者におすすめなのがこのつみたてNISAです。

何が違うかというと、

投資(年)の限度額 非課税年数
NISA 年120万円まで 最大5年間
つみたてNISA 年40万円まで 最大20年間

こんな感じの差があります。

通常、株で得る収益には税金がかかります。大体利益の20%くらいです。1万円儲かったら、2,000円くらい持ってかれます。

株の世界では年に5%も儲けたらすごいと言われているのに、その内の20%持ってかれてしまうと、どれだけ頑張っても…という感がしませんか?

国としても、流通するお金が増えた方が、経済成長につながるため、一定の期間・一定の額の投資に関しては、非課税にしよう!という試みになります。

どうして初心者におすすめなの?

限られた期間・限られた額で非課税になるNISAですが、初心者におすすめとされる理由が3つあります。

1つ目は、年間に120万円以上貯蓄するのは、一般庶民にはしんどいからです。もうそういう人は投資の対象も株だけじゃなくて、不動産とかも視野に入ってきます。月に10万以上ですよ!?難しいでしょ!って私は思います。

2つ目は、積み立て投資は元本割れしにくい戦略と言われているからです。知っての通り、景気は良くなったり、悪くなったりします。が、基本的には右肩上がりなグラフを描いています。特にアメリカの「S&P500」という銘柄はよく話題に上がります。良かったら調べてみてください。

3つ目は、投資銘柄がある程度厳選されているためです。単純にどこかの企業の株を買うのでは、上がるか下がるか、もしくは潰れるリスクまであります。しかしながら、特につみたてNISAの場合、投資銘柄が厳選され、手数料も低いのが特徴的です。無数にある企業からギャンブル的に選ぶよりも、少しはリスク回避ができます。

ポイント投資(楽天証券)

これが一番私の投資のきっかけになったことです。2018年で一番の衝撃でした。

楽天といえばポイント、と言えるくらい、ポイント還元が有名でした。ただ、楽天でのお買い物にのみ使えると思っていたので、買い物をしない私にとってあまり縁のない存在でした。

ところが、「貯めた楽天ポイントを投資に回せる」ようになったというニュースを聞き、驚きました。これは楽天一択だろうと。

色々洗い出すと結構あり、Amazonでの買い物も、クレジットでの支払いも、出来る限り全て、楽天に移行しました。楽天に関する強い思いは別の記事にもしたためてあります。

▼関連記事

楽天ポイントで株が買える!?楽天が荒ぶっててヤバい件。

ふるさと納税のおすすめは絶対に楽天!3つのメリットとは

そんな形で出会ったポイント投資ですが、考え方としては「どうせ使うお金なら、少しでもお得に使いたい」という感覚です。米は必ず買うし、定期も買います。仕方のない出費に対しても節約の意識を向けることで、「お金を使うことが楽しい」と思えるようにもなりました。

少しでも興味が出れば、楽天カードから発行してみるのも良いかもしれないです。年会費もタダだし、使った1%がポイントになります。

▼発行はこちらから

(出ていく)お金を減らす方法

お財布に入ったお金を増やす以外に、出ていくお金を減らすのも、立派な貯金の方法です。いわゆる節約です。ただ、節約は生活の質を落とすことと同じように扱われます。手っ取り早いのは確かにそうですが、個人的にはあまりそんな方法を取りたくないです。お金のために生きているわけではないのですから…

必ず支払うお金、税金に関するお話になります。

ideco(イデコ)

個人型確定拠出年金、という制度があります。初見だと「何を言っている…?」って感じに見えます。致し方ありません。は?って思いました自分も。でもこれ結構すごい制度なんですよ。

まず、年金は大体わかりますよね。ある一定の年齢になったらもらえるお金です。これは一旦置いておきましょう。

次に、所得税という税金があります。稼いだお金に一定率かかる税金で、人によって金額が違います。稼いでいる人ほど、税金を払っています。

idecoは個人で積み立てる年金、ということなのですが、その積み立ては「所得に含まない」ので、税金が軽くなりますよ、という制度です。

どれくらい減税されるの?いくらくらい積み立てるべきなの?って感じの細かい話は、また別で記事にしようと思います。

色々やってみて、どれくらい貯まるか、あるいはどんな感じか、といった感想は別途作ります。参考になれば幸いです。大人になったら考えなきゃいけない問題ですからね。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする