株って独学でもやれるものなの?

どうも。フジモリです。(ツイッター垢⇒@epic_fujimori

自分で稼いだお金が、さらにお金を呼ぶようにするにはどうすればいいかを考えた結果、株式投資に行きつきました。

でも、完全に未経験。そんな勉強も、そんな会社にも勤めていません。それでもなんとなく調べたりしていく中で、見えてきたものを記録します。

自分は「ワンタップバイ」という少額取引のアプリを使っています。その辺の感想もまとまってますので、良かったらご覧ください。(「One tap buy(ワンタップバイ)って儲かるの?」参照)

スポンサーリンク
レクタングル大

株が成り立っている基本的な考え

株って、現物を見たことないので、何なのかよくわかってません。昔はあったらしいんですが、今は電子化しちゃっているとかなんとか。

そもそも株は、会社が発行しているお金みたいなもん、らしいです。会社を建てるときに、足りない資金を株を発行して、それを買ってもらって資金にすると。社会科でやりました。

で、仮にその会社が大きくなると、株価がどんどん上がっていくと。

  • 配当金制度
  • 株主優待制度

主にこの2つが株価を押し上げる要因です。そう思います。でも、基本はです。

会社が株を買い戻す、みたいな可能性もありますよね。その時は多めに買い取ってもらえるので、需要が高まっていくと。需要に応じて、価格は上がっていきます。シンプルだと思ったのに、シンプルになりません。この辺がよくわからない。

また、配当金がもらえるようになるには、「基準日」という日付に、株を持っていることが条件となり、「権利確定日」に持っている株に応じて、配当金が確定します。(振り込まれるのはもうちょっと先だったりします)

ただ、これはあくまでも日本国内だけの話らしく、海外では配当や優待といった考え方が少ないとか。また、現在は海外投資家の力の方が大きいみたいで、そういった需要ではないところでお金が動いているとか。全然シンプルじゃないですね。難しすぎる。

自分でやっててわかってきたこと

この辺はスロットとか、ギャンブルの経験から得てきてるものもあるんですが、まず、定石に乗って行動することが最善ではない、です。

上記の通り、株は誰かが買ったら、値段が上がり、誰かが売れば値段が下がります。つまり、みんなが欲しいときに買ってしまっては、結局得することはできません。

いくらか定石というか、考え方の根幹のようなものもあるのでしょうが、あまり知らないようにするのが実は良いのかもしれないです。制度や決まりが載っている本は読みたいですが、考え方などは読まないようにと考えています。

あと、損切りよりも利益確定の方が大事。

買ったときには理由があって買ってるわけで、それが否定されない限りは持ってていいのかなと思います。利益確定はその成功体験の結果であり、それができないと逆にいつまで経っても正しいかわからない。あんまり成功してないんですけどね…

まぁ、個人のブログなんで、何の影響力もないとは思いますが、備忘録がてら記録していきます。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする