音楽と仕事の話。

プロ野球選手は、高校生で甲子園に出場して、
スカウトの目に留まって、プロ入りして、、、
パワプロだとそんな感じですよね。

でも世の中、そう上手く行く人は少ないわけで。
ほんの一握りの、才能と運を持ち合わせた人だけが、そこにたどり着けます。

大体の人は、大学に行ってみたり。
就職してみたり。そうするともう、社会人です。

夢を抱いたまま、社会人にはなれない。
そんな風潮が、今の不況を生んでいるのかもしれないですね。

とはいえ、社会人として働いている中でも、
大きな賞を獲ったり、優勝をしている人もいます。

そこで、私も社会人と音楽を両立する者として、
見習わなければならない点を、共に見ていきましょう。

社会人ランナーの星 川内優輝さん

社会人で、有名な人といえば、川内優輝さん。
埼玉県庁に勤めながら、市民ランナーとして様々な大会に出場。

走っているその姿はとても必死で、印象的です。

彼のインタビューが載っていたので、
参照しときます。詳しく見たい方はどうぞ。

http://toyokeizai.net/articles/-/97953

公務員として働く傍ら、練習に励む。
専業のランナーよりはるかに時間は少ない中で、
あれだけの結果を残すためには、やはり練習方法を変えなければなりません。少ない時間で効率の良い練習を研究しているはずです。

また、自分自身での目標をしっかりと持つ。
さらに、それがぶれないモチベーションを保つ。
ランニングは孤独なスポーツですから、殊更重要でしょう。

特に、年齢と共に体力が衰える中で、戦わなければならないので、
本当に尊敬します。頑張ってほしいと思います。

平成生まれの社会人小説家 朝井リョウさん

私、2014年卒なんですが、その時の直木賞が、この方でした。
「何者」という作品で、就活を扱った小説です。私も買いました。

それだけで有名ですが、当時、社会人として働きつつ、
小説を書いていた、ということでした。

こちらも、リクルートのインタビューがあったので、
リンクを貼っておきます。気になった方はどうぞ。

http://www.recruit.jp/meet_recruit/2015/10/og08-1.html

休日や出勤前、帰宅後のすべての時間を小説に充てていた、とのことで、只者ではないですよね。社会人ならやっぱり付き合いとかもあるでしょうから。

かくいう私も、こうして記事を書いてはいるものの、
毎日ではありませんし、飲みに行ったりもします。

だけど、その時間も小説に充てていたそうですので、
覚悟みたいなものがあったんじゃないかな、と思います。

仕事は仕事、小説は小説、と割り切っていたのも一つでしょう。

今は小説家として、社会人は辞めているそうですが、
体力的に持たないですからね。そんな生活じゃ。

同じ平成生まれとして、尊敬します。

お二方に共通していたのは、一人で完結すること。

それでいて、一人だからこそ相当の覚悟が必要なこと。

社会人との両立は、やっぱり常人には厳しいものと考えるべきでしょう。

じゃあ、私はどうしよう?
一人じゃ出来ない作業を、それなりの覚悟で。

とりあえず、得たものはあるはずなので、
全力でやる以外ないですね。

今ご覧になっている方が学生だったとしても、
社会人だったとしても、やることは変わらないはずです。

自分が何をやりたいか。まだまだ夢は遠そうです。また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル大