楽天ポイントで株が買える!?楽天が荒ぶっててヤバい件。

どうも。フジモリです。(ツイッター垢⇒@epic_fujimori

素人ながら、株をかじってます。今は、Onetapbuy(ワンタップバイ)で少額投資を行っています。

関連記事:One tap buy(ワンタップバイ)って儲かるの?9ヶ月目の収支報告。

これだけでもいいのですが、One tap buyは自ら株を選択して、積み立てたり、売ったりするのと、高額になっていくと手数料の方が大きくなっていくデメリットがあります。

もう少しある程度自動的に、そして手数料もかからない魔法の何かはないかな…と色々調べていたところ、タイトルにもある「楽天ポイント」が投資の対象となる、という記事を見ました。

正直なところ…マジか!と大きめな声で驚きました。今まで楽天ユーザーではなかったので、若干後悔しているほどです。マジです。

何がそんなにすごいのか?そして自分だったらこうする、という計画も合わせて、記事として書いていきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

楽天サービスの幅と懐の深さに感動

まず、ポイント投資について。

楽天スーパーポイントは、主にお買い物時の〇〇%で還元される、楽天のポイントですが、それがそのまま投資に使えます。驚きです。元々あったサービスみたいですが、全然知りませんでした。

こういわれてしまうと、「どうやって貯めるのが一番効率が良いのか?」と考えざるを得ません。調べていくと、かなりたくさんの選択肢があるみたいです。

  • 楽天銀行のポイントプログラム利用
  • 楽天カードの利用
  • お買い物マラソンなどのキャンペーン利用

そもそも楽天はポイント還元がすごいイメージがあるので、一体どこまで使えるのかというところですが、で、これ全部併用できるらしいです。ヤバくないですか。そう聞いたら全部やってやろうと思いませんか。

ただ、「期間限定ポイント」というのは投資には使えないらしいです。カード申し込みで8000ポイント!みたいなやつですね。キャンペーンのそれがどうなるかはちょっとわからないんですが・・・基本は上記の3つまでと考えたほうがいいかもしれないですね。

元々、楽天カードは発行していて、楽天銀行も口座は持っている状態でしたので、あとは楽天証券の口座が出来ればOKです。まだ申し込んで間もないので、もうちょっと待ちます。(それぞれ申し込んだ時期が違ったので、住所変更とか大変でした)

ポイントがもらえる条件は?

楽天銀行・楽天証券・楽天カードの併用でポイントがもらえるのですが、気になるのは条件。そもそも楽天ユーザーじゃない私が、どれだけ使えるか。

1、ハッピープログラム

楽天銀行のハッピープログラムは、預金残高もしくは取引回数に応じて、もらえるポイントが変動する常設キャンペーンです。

残高は正直、今の私ではクリアできそうにないのですが、取引回数だけであればいけるかもしれません。例えば、100円ずつ何かを支払っていくと、月に30回を超えます。

ポイントは1%なので、その3倍。100円で言えば、3ポイントずつ貯まります。ここに楽天証券での「つみたてNISA」を合わせていきます。つみたてNISAについては別途記事にまとめますが、国が始めている投資制度で、かなりお得です。

楽天証券で「つみたてNISA」に申し込み、毎日積み立てられる銘柄を限界まで選びます(15銘柄まで)。指定した日から、100円×15銘柄分=1,500円が引き落とされていきます。1回の取引あたり、3ポイントが入るので、3×15=45ポイントずつが入ってくる計算になります。

投資金額としては、月間で、1,500円×20日=30,000円。年間で30,000円×12か月=360,000円です。一方ポイントは、45ポイント×20日=900ポイント。年間で900ポイント×12ヶ月で10,800ポイントとなります。

月に3万円の投資。もともとやってたOne tap buyの投資額と大差ないですし、頑張れば続けられそうな金額です。そして、利回り3%が確定します。優良銘柄と同じくらいの水準です。口座開設が済んだら、これはすぐやります。どう考えてもお得です。

2、楽天カードの利用

楽天カードの利用で、100円あたり1ポイントがもらえます。普通にクレジットカードとして使う形ですね。

残念ながら、上記のハッピープログラムとは併用ができません。これできたら悪魔的な錬金術になっちゃうので、それは納得です。カードで引き落とすだけで4ポイントはえぐいですからね。

普通に楽天を利用している人ならいいのですが、問題は私のような別カードのユーザー。普通に乗り換えられればいいのですが…そこまでするべきなのか、どうなのかの判断が難しい。

そこで、必ず出ていくお金で、カード払いしているものを移行していきます。まずは通勤定期。月に3万円くらいが出ていきます。これを楽天に変えると、300ポイントが追加。年間で3,600ポイント。さっきのと合わせると全部で14,400ポイント…段々貯まってきました。

また、公共料金系もいけるみたいです。ネット料金が大体7,000円、電気料金が6,000円、水道料金が5,000円、ガス料金が4,000円…全部で2万2,000円くらい。なので、220ポイント。年間で2,640ポイント。合わせると17,440ポイント…すごい額ですね。

昔はここに、nanacoでチャージして、ポイントをダブルで取っていく悪魔的なシステムがあったみたいですが、なくなってしまったようです。もう少し早く知ってれば。

3、お買い物マラソンなどのキャンペーン利用

定期的に開催されている、お買い物マラソン、または定常的に行われているSPUなど、ポイントがアップするキャンペーンがたくさんあります。

お買い物マラソンは正直、楽天のヘビーユーザーでないと厳しいですが、SPUなら若干参加できそうです。計算してみると、私の場合は5倍になりそう。

つまり、10,000円の商品を買うと、通常100ポイントが500ポイントに。さらにカード払いなのでプラス100ポイントとヤバい感じです。

全ての買い物を楽天で、という決断はまだ結構リスキーなので、定期的に必要な何かで、大きかったり重かったりするものは楽天に切り替えていこうかなと思ってます。

今考えている線は、お米や水といった食料品、その他ゲームなどでしょうか。使おうと思えば使えるのでしょうが、移行期間としてまだ残しておきたいイメージです。

とはいえ、これをフルに使い始めると年間で20,000ポイントは結構現実的ですね。。。これらが全て投資に回せると考えるとえぐいやつ。

一旦全て試してみてから、正しいかどうかは確かめていきますが、おそらく上記でまとめたのは全て通常ポイントなはずです。ここに、「期間限定ポイント」が加わってくると、いよいよふるさと納税の選択肢も出てきます。こうなってくるともはや個人事業主と言えるほどの経理感。

全てはお金を貯めるため。生活を少しでも楽にするため。投資の一環と考えて、色々試していきたいと思います。少しでも参考になれば。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする