神経をすり減らす!?スプラトゥーンと心理学

どうも。フジモリです。(本垢⇒@epic_fujimori サブ垢⇒@spla_epsf

今回も、またしてもスプラ記事になります。きっかけは私のツイッターでした。当時全く関わりのない方に、引用リツイートして、偉そうなことをつぶやいてしまった事故でした。

内容としては、私が大学の頃学んできた、心理学についてでした。出勤前のちょっとした時間に、心理学の豆知識的なものを披露したら、そこから絡みが増えて、少しばかり盛り上がったわけです。

話は転じて、スプラと心理学について、まとめてみましょうとなったのが今回の記事です。

スプラトゥーンはゲームです。遊ぶものです。が、対人対戦となるとそこには心理が生まれるものです。思い悩む人もいるかもしれません。なんで、全く関係ないわけじゃないということだけ、最初にお伝えしておきます。

スポンサーリンク
レクタングル大

自分を守る、セルフハンディキャップ

こんなことありませんか?

「うわー、テストなのに全然勉強してないよー、困ったほんとー」

って、言ったり、聞いたり。これがタイトルにもある、セルフハンディキャップというものです。直訳すると、自分自身での負担、という意味です。自分の能力が低いことを懸念して、あえてそれより低いと思い込む(他人にいう)ことで、自分自身の能力の高さを担保しようとすることです。つまり、先んじた言い訳、です。

最初に話題になったのがこの話でした。スプラトゥーンのアカウント名に「戦犯」とつけることで、ある程度自分が活躍できなくても大丈夫・・・という感じです。

実際、言い訳という言い方が適切かどうかわかりませんが、これは自尊心を保つためには大事なことなのです。

自尊心ってなに?

自尊心とは、自分を尊ぶ心です。自分自身への尊敬、といった感じでしょうか。プライドともいいます。

誰だって自分のことをけなされたら怒りますよね。能力がないとか、気持ち悪いとか、そういう悪口を言われたら怒ります。これは、尊敬する自分自身への冒涜ととらえて、反抗しているからです。

もし、自尊心がなかったら?悪口を言われても、なにも感じないですよね。尊敬できない人に対する暴言でも、関係ない。自分自身はやっぱり、大切にするように仕組まれています。

しかし、自尊心=プライドは、高い低いがあります。極端に低い人、極端に高い人、どちらも同じくらい苦労します。

極端に自尊心が低い人は、自分の力を信じられないので、成長する兆しが全く見えません。練習したって無駄。勉強したって、能力はつかない。と、自分であきらめやすい人です。人によっては、ひねくれている、なんて言われるかもしれません。

逆に、自尊心が極端に高い人は、自分しか信じられないので、人に協力を仰ぐことができません。自分が一番能力が高いので、自分でやった方がいいと思う一方、本当に能力が高い人には頭を下げられません。プライドが許さない、ってやつですね。

これをスプラに当てはめると、やっぱりどっちも上手くいかないですね。チームワークですから。スプラトゥーンは。自分自身も強くなる必要はありますし、人に任せることが重要な場面も多くあります。

自分がホコを持ったら、敵を倒して前に進まなければいけない。でも、仲間が倒してくれるならそれが一番得策。仲間が信じられずに、自分で特攻して、返り討ちにあったのをきっかけに負ける。。。そんな結果も生まれるかもしれません。

自分自身をパワーアップ?ドレス効果

自分自身を強くするために、ドレス効果というお話をします。

例えば。同じ人が、白衣を着ている場合と、ぼろぼろのタンクトップを着ている場合と、どちらの方がお医者さんに見えるでしょうか?当然、白衣を着ている方が、お医者さんに見えますよね。(ステレオタイプという偏見も混ざっていることもあります)

例えば。普段は真面目で温厚なのに、ハンドルを握ると途端に性格が荒くなるとか、口調が激しくなる。これらは全て、ドレス効果によるものです。

前者は衣服、後者は車、物の力を頼って、自分の力を大きくする効果があります。その人の言葉や行動には力が宿り、本当に力があるように見えるようにもなります。
スプラトゥーンで言えば、プロコンを握った瞬間に身体に力が入り、負けると必要以上に物にあたるなど、普段の自分では考えられないような力が生まれる、そういった人もいるのではないでしょうか。

相手を説得するためによく使われるこのドレス効果ですが、逆に、自分でまとってしまったドレスに悩む方もいるのかも。少しずつその服を脱ぎ捨てる勇気も必要ですね。必要以上に疲れるなら、やっぱり自分と向き合うべきです。

ということで、一旦こんな感じです。

スプラというより、心理学よりになってしまいましたが、ご愛嬌です。

他にもネタにできそうなのはいくつかあると思います。ちょっとネタ集めしておきます。ツイッターでも募集します。なんか気になる心理があれば、聞いてください。答えられないものもあるかもしれませんが。。。

引き続き、よろしくお願いします。また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする