ストリートライブの話。

会社が池袋にあるんですが、よく帰り道で見かけます。
ストリートライブやってる人。

楽器とか使っちゃいけないんですかね?
みんな歌だけ、マイクだけでやってます。

今の時代、騒音問題とか、安全面とか色々あって、
あんまり出来ないんでしょうね。見かけないので。

今日はストリートライブについて、
少し考えていきたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル大

ストリートライブの問題点

全ての人に言えることではないと思うんです。
また、私の偏見であることは間違いないと思うんです。

やり方が違う、って思うんですよね。

「道行く人が自分の演奏や歌声に耳をそばだてて、
気に入ってくれて、話をして、お客さんになる」

そんなシナリオ、大分可能性薄いと思うんですよ。

ティッシュ配りですら、もらってくれないんですよ。

寒空の下、頑張ってるのは他にもたくさんいるのに、
その一瞬で人を惹きつけられるほどの才覚を持ってるかというと、
正直、微妙な人が多いと思うんです。

全ての人がそうではないと思うんです。
もちろん、中にはそれで暮らしている人もいると思うんです。

ただ、今まで出会ったストリートミュージシャンの中で、
めっちゃいいなぁと思った人は1人か2人くらいです。

元々、私自身、ストリートライブって憧れてたんですけど、
そんな人ですら、そんな目線ですから、、
一般の人はより忙しいし、興味がないんじゃないかなと思います。

時代が違うっていうのもありますよね。
昔は、ウォークマンだったり、あまり音楽を持ち歩くっていう、
そういう文化が薄かったような気がします。

CDコンポでCDを流したり、MDに移して聞いたり。
インターネットも今ほど普及してないというか。

だから、まだ受け入れられていたとも思うんです。

ストリートライブの向かう道

じゃあ、今後なくなっていくかっていうとそうでもなくて。
使い方というか、利用の仕方が合ってれば、いいと思うんです。

前述のような時代背景が仮にあるとすれば、
SNSで拡散されるような、あるいはツイキャスだったり、Youtubeだったり、動画がもう主流な時代なので、それに合わせていくべきだと思います。

ある程度お客さんがいる状態だったら、状況も違ってくるでしょう。
SNSを通して、無料のチケットでも配布して、
ちゃんと時間通りにやって、セットリストを公開して・・・

もちろん、最初は0人ですけど、発表する場はたくさんあるので、
そうやってある程度集客をした状態で、ストリートライブを行うべきだと思います。

人が人を呼びますし。
人だかりがあれば、とりあえず見ますし。

つまり、ストリートライブが珍しいものでもない今、
セルフプロデュースにも力を入れるべきだ、という話でした。

バンド活動について

私たちもバンド活動をしています。
兼業バンドになるので、そこまでスピードを早く進められませんが、
それなりに時間を割いて、音楽と向き合ってきています。

ただ、闇雲にやって、自信を失うってことだけはしたくないです。

だから、今こうして記事をしたためて、
WEBの力を活かして、その間口を広げようとしています。

今後、もしかしたら、見る人が見たら、
音楽がメインの活動には見えないかもしれません。

それぐらい、色々やっていきたいと思います。

これから時間をかけて、結果を出していければ、
きっとこの考えは正解だったと胸を張って言えるでしょうし、
鳴かず飛ばずの結果であれば、やり方は変えなきゃいけないでしょうし。

とりあえず今は、アクセス数を増やすために、
ただキーボードをカタカタと叩く作業を続けていこうと思います。

至って真面目です。今日は。また次回。

スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大

フォローする